2017/10/28

リレー式ステップアッテネータのカスタマイズ(高音質抵抗、バッテリ電源等)

手作りアンプの会 I氏設計のリレー式ステップアッテネータ(LOG-ATT-V3)は音質、使い勝手共に非常に良くできています。
この度、これをCDプレーヤ出力のアッテネータとして活用すべく色々いじってみました。

抵抗のTuning

当方のCDプレーヤはWM8740ツインDACの出力をルンダールのトランスで簡単なフィルタリングとレベル調整をしてます。この出力側の終端抵抗は音に対する影響が大きく、色々トライしましたが最終的に東京光音になりました。しかし、その音は鮮度が少し物足りないと感じてました。
今回製作したステップアッテネータに入れ替えるにあたり、高音質にするため、音質に影響のあるインピーダンス設定用の抵抗2本を、はたと気づいてこれまで10年以上部品箱で眠っていたアルファの日本製金属箔抵抗を引っ張りだして使ってみました。
 
設定インピーダンスは6.8KΩです。これだとルンダールの負荷抵抗としてもJUST FITです。

バッテリ電源

標準では6VACアダプタとなっています。 そして、これを作った仲間うちでノイズ対策が話題になっており、ACアダプタからのノイズ飛びつきが原因であることが確認されてます。ACアダプタ電源がフロートしているので、電源の片側を信号系グランドにつないでやれば問題は解決できます。
ただこうするとACアダプタ内での絶縁具合により出来る大きなグランドループにより微小なノイズ電流がRCAケーブルに流れる事が考えられます。
それでこのループをなくすためバッテリー化を検討しました。
この動作電流を測定すると、スタンバイ時で4mA、リレーのステッピング時に2秒程35mA程度流れます。
バッテリは手持ちの充電可能なLiイオンの006P型、China製にしました。
中国製充電器とバッテリ(アリババで)

電圧は9Vと高めですがLDOレギュレータのTA78DL05の最大入力電圧は29V、最大損失は2.5Wもあり、通過電流もごく小さいので、全く問題なさそうです。電圧が高い分、バッテリの使用可能時間も伸びる事でしょう。1週間程度は持つのではないかと思ってます。

専用グランド線

フロートしているDC電源のグランディングを信号のRCAケーブル経由ではなく専用のワイヤで、このアッテネータをつなぐ機器のグランドに落とせるようにしました。
安物のRCAケーブルの途中を切って、DC電源のプラス側から線を引き出してます。
接続先の空きRCA端子に差し込めばグランディングができます。
信号系統のグランドはオリジナルどおり、LOG-ATT内ではどこにもつなぎません。

結果とコメント

ヘッドホンで聴きましたが、音はこれまでより立体的にそしてクリアになり、微細な音(女声や楽器のテクスチャー、暗騒音、録音時のアンプのノイズなど)がよくわかります。
手持ちののChord MOJOよりも高音の伸びなどを含め全般が良くなってます。このCDPとステップアッテネータはメインの座に座ることになりました。
今回の高音質化に貢献しているのは、CDP自体の素性の良さに加え、どうも、アルファの金属箔抵抗と専用グランド線のようです。この抵抗は買った当時は高音よりのピャラピャラとした音だったような記憶があり、長期休眠になってました。今でもリード線の構造が太くなったモデルが若松通商で販売されており、Vishay VSRより安いので、いずれ他の何かに使ってみようと思います。

006Pバッテリは止めてないのでカタカタ動くので何れホルダーで固定します。


にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿