2017/06/12

SITアンプ 正負出力段レギュレータボードの設計

2SK70ー2SJ20 SITアンプ用のレギュレータを検討しました。

SITは3極管特性なのでDC電源はレギュレータ供給にし、バイアス印可よりも遅れて出力段電圧を供給するのがいいと思います。

検討した結果、+/-25V、7A 正負レギュレータで同時出力、同時シャットダウン、起動時間は10ms程度の遅延を持たせる回路ができました。
(LTSpiceでのシミュレーション)
右;Dual Regulator
左;DC入力後の正負出力波形。シャットダウンは40-70ms間

肝は、そのままでは自己起動しないCFBレギュレータに、外部からDelayをかけた起動電流を流しこんで目覚めさせるというトリックで左隅の2SK30とCR、ZDがその役目を持ってます。CRでDelay時間を決めます。
出力トランジスタはMOSFETではなく、音が良い気のするバイポーラにして、サンケンのパワーダーリントン2SD2560と2SB1647を起用します。

レギュレータ部回路はこれまでもいくつかのアンプに実装して好結果を得ているので、これで基板を起こしてみます。
基板作りはこれまで色々と頑張っても中々うまくいかなかったのですが、ようやく
Kicadとトナー転写法でめどがつきましたのでやってみます。


にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿