2015/08/03

低歪MOS FETヘッドホンアンプの製作(2) 電源部

このところ猛暑に襲われて、グダーとしてます。でも涼しい時間帯にハンダ鏝を使い少しづつ進歩してます。へッドホンは耳が蒸れるので暑い夏には向かないのですが涼しくなった時の楽しみを思い取り組んでます。





さて、左側が電源部で右側がアンプ部です。

電源部は配線済み・テスト済みです。

整流回路は3系統(正ー1、負ー2)あります。負の2系統は左右チャネル毎に分離しました。
これはこのMOSFETバッファー回路 の特徴で正側は定電流になり、負側は負荷をドライブする為に電流が変動するので、お互いの干渉を防止するため、左右共通部分をなるべく少なくし、出来るだけ独立させる為です。

これで整流ダイオードと整流コンデンサを分離独立させたことにより左右チャネルのクロストークが少なくなり又リップルノイズも少なくなるはずです。

整流ダイオードは日本インター31DQ06 (60V 3A)ショットキーバリアダイオードを6個使っています。

無負荷で各系統とも9.4VDCが出ました。


右のアンプ部はプリント基板での部品レイアウト決定のために部品を植えましたがハンダ付けはまだこれからです。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿