2015/06/28

SIT (VFET)アンプ の音はどこまで良くなるか? SITヘッドホンアンプで実験 (2)

モディファイ後SIT ヘッドホンアンプの回路を次に示します。
大きな変更点は部品と実装にありますので回路上には大きな変更には見えません。



回路では見えてこない実装の主要部分についてはこちらです。
ソース抵抗の巻き線抵抗 NS2Bが見えます。
グランドワイヤはスピーカーケーブル用を使用。
OSコンは紫スリーブの旧型に。
青線は強化したSITドレインへの給電線です。

近頃よく聴いているのがダイアナ・クラールのアルバムWallflowerです。
Wallflower 、壁の花、誰にもダンスに誘われないで壁に寄りかかっている女性ですよね。ダイアナなら誰もほっとかないと思いますが。 
このアルバムはどれも耳になじんでいる曲ばかり、ダイアナが少しアンニュイな感じのハスキーボイスで歌い上げて自分で弾いているピアノ伴奏とのマッチングも完璧で心に沁みます。

ハスキーボイスの再生は基音とかすれた音のバランスが重要です。SITでは高音の伸びと同時に音楽全体の滑らかさが両立できるのでこのSITヘッドホンアンプとMDR Z1000のコンビで聴くのは最高です。




にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿