2015/02/11

SITヘッドホンアンプ完成しました。

SITを使ったヘッドホンアンプようやく完成しました。


自分で作ったものの評価は高くなるものですが、MDR-Z1000で聞く音楽は当初感じた高音域の透明

感のみではなく、高低のバランスもよく楽器の音の質感も表現できてるように感じます。


とりあえず、これまで製作した6FQ7+7044真空管OTLヘッドホンアンプや真空管全段バランス回路で

ドライブするSTAX SRー404 Limitedを超えてます。


これらのアンプは回路的にも凝っているので部品の数は数倍から10倍あるので、それらの複合要因により

音が劣化してるのかな。


とにかく、SITの音楽再生能力はかなり高いと実感しました。SITによるスピーカのドライブがテツの次のテー

マになりそうです。


製作中もヘッドホンの特性測定、クロストークキャンセル回路やSWレギュレータのノイズ問題、レタリングなど色々楽しめました。 これからは音楽を聴いて楽しめるぞ。
イメージ 1




0 件のコメント:

コメントを投稿